カワイピアノ

カワイ梅田スタッフブログ

カワイ梅田スタッフブログ

練習環境について

こんにちは!カワイ梅田大高です!


ピアノの先生とシゲルカワイについて話しているとたまにこんな声を聞きます


「ピアノが良すぎてあまり練習効果がないんじゃないかな」

「普段は難しいピアノで弾いていた方が練習になる」



思えは日本には昔からこのような考えは多いような気がします。。

アニメ『巨人の星』の星飛雄馬は幼少期に全身にギブスを装着し

練習時に負荷をかけることで体を鍛えていましたface08


その他の野球アニメでも石だらけのグランドでノックを受けるシーンがあったりとicon10

練習時を過酷な状況ですることが良い!というのは昔からの固定観念なのでしょうか。



私は学生時代に野球をやっていましたが、綺麗なグラウンドで練習している学校と環境の良くない

グラウンドで練習している学校、


守備が上手いのは前者でした。

もちろん元々の技術など色々な要素があるとは思いますが

決定的に違うのは、きちっとした基本動作が身に付いているかそうでないか。


怪我の心配のない綺麗なグラウンドで綺麗なフォームが身に付いていると

不思議とボールが不規則な跳ね方をしても対応できるものでしたface08



これをピアノに置き換えてみます。


普段からタッチの整ったピアニッシモからフォルテまで十分にコントロールの効く

ピアノで練習している人は綺麗なタッチが身に付いているので状態のよくないピアノでも

ピアノのポテンシャルを引き出した演奏ができる人が多いと感じています。


状態のよくないピアノで練習している人はタッチに粗が目立ってしまい、良いピアノを弾いても

鳴らしすぎてしまったり、音の粒がそろっていないことが多いです。


もちろんいい環境で練習していないかたでも、素晴らしいピアニストは

たくさんいらっしゃいますので、それが全ての要素とは思いませんが、

大切な要素であることは間違いないと思っています!


これまで教室にシゲルカワイを導入した先生のお話をたくさん聞いてきましたが

生徒さんの弾き方がとても綺麗になった!

ペダリングがとても上手くなった!という声をたくさんいただいております。

レッスンの質を上げるために、自身のレベルを上げる為に、

シゲルカワイを本当にお勧め致しますicon12


以上、大高より練習環境についてのお話でしたface01


SK特別試弾会開催中♪

こんにちはface02

カワイ梅田の木村ですicon12


本日は先日お知らせいたしました、「SHIGERUKAWAI 特別試弾会」を開催しております♪


会場のジュエ内はこんな感じになっています♪



なんて贅沢icon12

本日と来週26日(日)に開催しておりますが、ご予約はまだ少し空きがございますので、

ご試弾希望の方はお気軽にお問合せくださいませ♪

カワイ梅田 
TEL:06-6345-8300


このコード進行がたまらんっ

こんにちは!カワイ梅田の大高です!


最近ピアノをコードで弾く機会が多いです!

コードを覚えると、歌の伴奏がすぐできたり、クラシックを弾くときにも

譜読みに生きたりと、良い事が多いですicon12


色々な曲をコードで弾いているとこのコード良いなぁ~と思う曲がたまにあります。

最近良いなぁ~と思った曲を2曲ご紹介していきます!


1曲目はBilly Joelの『New York state of mind』(邦題 ニューヨークの想い)です!


歌い出しの有名なメロディのコードが

C E7 Am7 と続きますがこのコードが心に沁みますicon12
同じ進行の名曲も多く、桑名正博さんの『月のあかり』なども同じコードですね。

歌も素晴らしく、歌詞の世界観も素敵なおすすめの1曲です!!


もう1曲はサザンオールスターズの『慕情』icon12

サビのコードがG D/F Dm E と半音ずつ下がっていくところが



んーーたまらんっ笑

桑田佳祐さん本人もこのサビは書いた時に神が降りてきたといっていたくらい

会心の出来だそうです。


聴いたことが無い方は是非聴いてみてくださいっ!!



歌に合うピアノといえばカワイピアノicon12

柔らかな低音を体感しに是非ご来店ください!


以上、大高より好きなコード進行のお話しでした!!


スタッフブログトップ

このページの上へ